service

Amazonで注文したものが発送されなかった

デリバリープロバイダによる弊害の一種でしょうか(関係ないかも知れませんが)。 9月5日の深夜に注文した商品が即日配達可能範囲だったので注文したのですが、5日の夕方になっても商品が発送されず、ついに21時半頃に発送手続きが出来ず商品が配達できないので明日にずれ込むという旨のメールを受信しました。 別に配達業界が常に人手不足なのも知っているので、即日配達をそこまでこだわっているわけではないのですが(勿論その日に届いたら嬉しいのですが)、どちらかというと商品が予定通りに届かないことの方に残念に思いました。最初から1日遅れるならそれはそれで良かったんですが…。 そして6日のお昼頃になっても発送される気配を感じなかったのでついにキャンセル。ヨドバシに同じような商品を注文しなおしました。こちらは数時間語に発送、明日届く予定です。 大したものではないのでそんな品薄でもないでしょうし、そこまで発送が遅れる物でもないよな、と思いつつも最近話題になっているだけあって疑いの目で見てしまいました。といっても1ヶ月前に注文したものは発送にも配達にも問題がなかったので、今回偶然だったのか、と無理やり自分を納得させる始末。1日と半日たったくらいでキャンセルする私も若干焦りすぎたのかな、という気もします。 数年amazonを使ってて今までこういうことが一度もなかっただけにちょっとショック。それでもamazonにはお世話になっているし好きなのでので、これが起きたくらいで「使うのやめる!」とまではいきませんが。

Games

E7 Nurikabe

もう既に無料範囲内では全て終わらせてしまいましたが紹介。 ぬりかべと呼ばれるパズルゲームがあります。妖怪ではないです。名称の由来にはなっているようですが。 このゲームは格子状になった画面のいくつかのマスに数字が割り振られています。数字は自身のマスを含めた数値分だけ白マスになっている必要があり、それ以外のマスを塗りつぶすルールになっています。この時厳密には 塗りつぶされたマスは全体で1つのつながったものになる 2×2以上の黒マスがあってはならない 他の数値の白マス同士がつながってはならない といったルールになります。やれば解ると思います(説明放棄)。 E7 Nurikabeは問題数も無料でも18+30+30+30と全部で108問あります。画面もシンプルで綺麗な構成となっています。起動時のみFacebookのログインが求められますが、適当にキャンセルすれば問題ありません。 序盤は丁寧にチュートリアルがついており、初めてでもやりやすい構成になっています。評価は時間評価なようで、早いほど☆3に近づきます。明確な基準は示されていない模様。1度クリアしてしまえば配置は変わらないので早く解くことで☆3は確実にもらえます。大きい問題は若干そうもいきませんが。 追加パックはざっと見た感じ22パック分あります。

Ghost

Docker上でのGhost0.x系から1.5への不完全な更新

毎度ガバガバなイメージの更新をしています。毎回技術系のブログはunsweets.logに書こうかなあとかぼやきつつ、相変わらずしっかり書くつもりもないので、Ghostに関してはこちらに書いていこうと思います。今のところ。 さて、久々にブログを更新しようかなと思いデスクトップクライアントを起動したら、Ghostの更新がきてることに気が付きました。斜め読みして1が出たのか〜ふんふんと思ってよく見てみたら最新バージョンは1.5まで行ってました。まだ1.0.0が出てから23日ほどしか経ってないのにめちゃめちゃ早い。 例によってメジャーバージョンの変更ですので、Breaking changeと呼ばれる破壊的な変更があります。 今回のアップグレードではマウント先のパスが異なっており、うまくvolumes-fromオプションを使って移行することはできないようでした。 そもそも不完全とは ユーザーアカウントのインポートが完全ではなく、一部プロフィールデータが吹っ飛んだため。 手順 元のコンテナの設定画面から記事をExport。おそらくjsonデータがダウンロードされる docker pull ghostとかで最新版Ghostを取得する docker run時にマウントするボリュームを指定する。Docker hubにあるGhost

Hardware

Fire TV Stickを買った

Fire TV StickをPrime dayの時に結局買いました。あれだけ迷っていましたが、二日目になり「やっぱほしいから買っちゃえ!」と購入。そして届くのは昨日。ポチったのが遅かったせいか、元々の到着日時は8月の頭あたりだったのですが、少し早くなり、昨日届きました。 購入金額は2800円。元々Prime dayで1500円引きなので、本来は3480円のはずなのですが、追加でなぜか500円割り引かれ、2980円になりました。そこからポイントを多少適用して2800円に。おもちゃとして買うにはお得ですね! 開けると黒い箱に包まれていました。更に開封します。 2つに折りたたまれるように入っていました。見えませんが写真の上の方にリモコンとStickがあり、下の方に各種ケーブルがあります。 早速HDMIにつないで…というところで問題が発生。普段使ってるディスプレイはラップトップのサブディスプレイとして使ってるのでHDMIポートが空いておらず、もう一台置いてあるディスプレイはそもそもHDMI挿せない\(^o^)/ 完全にほしい気持ちだけでぽちってしまっていました。 とりあえず、

devices

Nextbit Robinを購入した

使用していたスマートフォンがそろそろ限界だったので、Nextbit Robinに買い換えました。元々Nexus 5Xを利用していたのですが、巷で噂されているブートループによって2月頃に死んでしまっていました。それからはその前に利用していたDesire 626をどうにかして今まで使ってきたわけですが、そろそろスペックの限界を感じ、買い替え。今更Robinを買う時点で2017年のスペックにはおいついていない気がしますが、元々そんなハイエンド指向でもないし、それなりに動けばいいし、そして何よりamazonでやたら安かったので購入しました。 (記事を書いた時点で)約18000円。安い(気がする)。 Robinが気に入ったのは、端末のデザインが可愛いというのもあり、スペックより端末のデザイン重視の私としてはRobinを知った時からかなり気になっていました。 そしてこのRobinちゃん、スペック的にもサイズ的にもNexus 5Xと色々近いようで、細かな差異はありますが操作をしているとまるでN5Xを触っているような感覚に陥らなくもなく…。OSは多少カスタマイズされていますが、クラウドストレージとの連携部分以外はほぼ素のAndroidであり、システムのUIも色を変更しただけのような見た目になっているので、素のAndroidが好きな私としても嬉しい点でした。Androidのバージョンは最新だと7.1.1と、パッチバージョンレベルでの差はありますが、

Diary

Amazon PrimeDay 2017

今年も始まりましたPrimeDay。7月10日の18時から開催されています。 去年はこのPrimeDayでFireをroot化したりなんなりして遊んでました。今でも一応おもちゃとして生きています。カスタムROMに入れ替えた辺りでスペック的にはかなり厳しく、細かなチューニングが必要でしたが、最低限は動く仕様になっています。Slack, Twitter, Inbox, Chromeや画像ビューワなど閲覧目的なら問題なく動き、ベッドの側に置いておくと寝る前のお供になります。 話がそれました。今年のPrimeDayですが、現時点では特にこれといって欲しいものがまだ見つかっていません。安売りを謳われるとなんとなく、欲しい気持ちになりますが。 強いて言えばFire TV Stickが気になっています。部屋にテレビはありませんが、なんとなく生活がリッチになりそうという、完全なる妄想の上で欲しくなっています。最近は買えば使うだろうという謎の理論で買った結果ほとんど使わず終いという経験をしているので、余計に手を出しづらいですね。 気になる…。

Diary

運転免許

前回の記事で教習所を卒業した旨を文末でちょろっと書きましたが、教習所を卒業しただけで試験場での学科試験をしていなかったので今週の月曜日に行ってきました。 受付は8時半から9時と大変短い時間で、大学の1限のために起床する時刻ど同じくらいの時間に起きました。 いつものノリで電車に乗っていたので危うく二俣川で降りそこねて乗り過ごしかねませんでしたがぎりぎりで降車。Googleマップで道を調べて進んでいきましたが、二俣川駅を出てすぐ同じく試験場に向かうような人々がちらほらいるのに気付き、適当について行ったらつきました。近くに短期大学があるらしく、間違えて50mほど通りすぎてしまいましたが…。他の方々は20代の方が多いようにも感じましたが、学生の年齢と比べると若干幅広い年齢層が多いように思いました。そのような方々が住宅街の中を集団登校の状態になりながら一斉に試験場に向かう光景はなかなかシュール。 技能コースは自分の通ってた自動車教習所よりも広く綺麗でしたが、建物はかなり古いように感じました。 試験場につき、学科を受けるための手続きをしなければならないのですが、あんまり丁寧な施設ではないようで、案内も少なく、基本的に口頭で次はどこへ行かなければならないかを説明されるため、一人ではかなりやりづらい場所に感じました。 なんとか手続きを終え、学科試験へ。ここでは色でどこへいけばいいのかが示されていたためわかりやすかったです。というか施設全体の案内の冊子とかあっても良さそうな気がしますが…。常時ここであってるのかなあという不安のまま試験を終え、発表まで「ここで待っていればいいんだよね…?」という気持ちのままうろうろしてました。完全に不審者。 無事学科の方は受かり、各種書類の確認と写真撮影のフェーズへ。名前が呼ばれ、

Diary

柿田川

柿田川に行ってきました。静岡県にある、日本で一番短い一級河川だそうです。 写真は第二展望台から眺められるわき間と呼ばれるものです。青すぎてディスプレイ上で見ると加工したんじゃないかと疑ってしまいますが、実際に目で見てもちゃんと青いというより蒼いです。 こんな公園が身近にある地元の人が羨ましいですねー。国道1号線沿いにありますが、公園内は静かで湧き出る水にボコボコと巻き上げられる砂を見てるだけで楽しい。 ところで去年の8月から通ってた自動車学校をやっと卒業しました。教習期限1週間前とかなりギリギリを攻めてしまったものの無事終えることができました。4月の研究室生活なんてほぼなかったようなものになりましたが。

Anime

2017年春アニメ

新年度なので、久々にアニメを見ようかなという気分でいます。 自宅では数年前からPT3を導入して録画しています。常時電源をつけてないので録画できてないことがあったり、そもそもHDDの容量がそんなにないという結構適当な環境ですが、それでもPCでテレビ番組を見たり録画出来たりするというのは便利ですね。最近知ったのですが、PT3はYahoo auctionで高騰化してるとかなんとか。見ると中古でも30kほどいっててびっくり。自分は発売当初わりとすぐに買った覚えがあり、14kほどした覚えがあるので、発売当初の2倍ほどの価格になっていることになります。 で、アニメの方ですが、まだ始まってないアニメを予約できてないにもかかわらず、現時点で20作品を超えています。…なんだこれ。勿論全部見切るわけもなく、途中で切っていくアニメやそもそも半分ネタ目的で録画しているのもありますので、実際に見る数はもっと減るとは思うのですがそれにしても多い。最近はアニメ見る時間も確保できないな…と思いつつなぜか見ようと奮発したわけですが。20作品見るだけでも1作品30分かかるとしても(実際はもうちょっと少ないですけどね)、600分かかるので、1週間に10時間アニメに使うことになります。10時間あったら何ができるんだろうと思うと、減らさずを得ない…。 今の時点ではとりあえず進撃の巨人とアリスと蔵六を見ました。進撃の巨人は作品名自体は知っていたのですが、1期は見ていなかったのですが、いきなり2期を見ました。

Hardware

ThinkPadのトラベルアダプターを返送するのをやめた

ThinkPad X260のAC電源アダプタが死んだのあの後、Lenovoから届いた新しい充電器は問題なく充電することができています。やはり付属してたものは初期不良なんだったと思います。 で、トラベルアダプターは返送に迷って、開封せず返送するのも面倒臭がってずっと放置していました。 ところが、この前、会社に充電器を忘れるという失態を犯してしまいました。あいにくその日は金曜日であり、いつも肌見放さず持っているようなThinkPadなしに土日をどうやって過ごすんだ…と途方に暮れていましたが、そこにあるじゃないですか充電器が。 近頃はあまりバイトができてなかったので、4kという買い物は自分にとって決して安くない買い物であり、無駄遣いはしたくないため、返送も考えていたのですが「充電器は2つ持ってて損はない、こういう時に役に立つ」と考えた結果、開封せずにはいられませんでした。 2つ持ってて損はない、というのは言い訳でもありますが、半分くらいは本当。 トラベルアダプターの方ですが、通常の45Wの方よりもメガネケーブルが存在しないので、持ち運びは遥かにコンパクトです。写真だと、コンセント部分が結構大きいように見えますが、名刺サイズと大して変わりはないので思ったよりコンパクトだったりします。今は45Wの方は自宅の机に常時配置、65Wを持ち運び用として活用しています。

Ghost

Ghostを更新

元のバージョンがいくつだったかは忘れましたが、管理画面の上部に新しいバージョンが出たよ!というバーが3つほど表示されて邪魔だったのでいい加減更新しました。現在バージョン0.11.7。 ちなみに特に告知はしていませんでしたが、HTTPS化もしました。この記事にも書いてあるようにDocker上で動かしています。更新過程としては docker pull ghostで最新のGhostのイメージを取得 Dockerfileを書く(docker runでやるとnginx-proxy周りの環境変数設定が面倒くさいので…) docker buildで自分用の設定が入ったイメージを作成 docker runでコンテナ作成。この時--volumes-fromオプションを利用することで、古いコンテナからのデータを引き継げます のような感じで簡単に更新できました。未だにDockerを利用したベストな運用方法がわかっていませんが、こんな感じで良いんですかね…?ちなみに、初めてコンテナを起動した時はghostのディレクトリをホスト側にマウントして、configをいじって起動しました(やり方は忘れた)。 SSLにはdocker-letsencrypt-nginx-proxy-companionを利用しています。nginx-proxyと相性の良いものらしく、このイメージを起動させつつ、HTTPS化したいイメージにはLETSENCRYPT_

ThinkPad X260のAC電源アダプタが死んだ

電源が死にました。前から電源コードが側とAC電源アダプターの接触おかしくない?とは嘆いていましたが、実際のところは関係ないようで、AC電源アダプター側が原因だったようです。 購入当初はそれほど気になっていませんでしたが、電源を数日間使用していると、充電できなくなる不具合がありました。最初は接触が悪いのかな?と思い、抜き差しを試みているうちに治ったので、そこまで気にしてなかったのですが、それがだんだん頻発し、ついには色々試してみても、うんともすんとも言わない状態になってしまいました。 さすがにこのままではどうしようもないということで、サポートに連絡しようと思ったのですが、そもそも今後このケーブルが使えるか使えないかにしろ、2つ目はあって損じゃないか?ということでamazonで電源ACアダプタを探しました。 まず最初に見つかったのですが、明らかに評判が悪い。そもそも公式が発売してるものではなく、他の販売業者が販売しているもので、発送はamazonだったのですが(この記事を書いてる時はレインボー屋が販売・発送でした)、レビューで正規品じゃない・純正じゃないと疑われていたり、型番が違う、とのレビューがあり、「本当にこれは公式のものか…?」と疑わざるを得ませんでした。

pocket

PocketとRaindrop.io

Pocket Pocket というサービスがあります。こちらは知ってる方も多いと思いますが、俗にいう「後で読む」を保存サービスですね。頻繁に使うというわけではないですが、出先などスマートフォンしか手元にない環境で、Twitterなどを見てる時に「あっこれ役立ちそうな記事だな」と思いつつも、今すぐ実践できないため、どっかにためておきたい…みたいなときに活用できるサービスです。普段利用しているSNSがTwitterだけなら、Twitterの「いいね」機能を使って後で読むの代替に使うこともできるかもしれませんが、複数のSNSを運用していると「あの記事どこで見たんだっけ…」というようなことがなくなります。共有方法はブラウザの拡張機能を導入して見ているページでそのボタンを押すか、スマートフォンアプリなら、URL共有などから保存する方法があります。前述の通り、私の場合は後から見たいものがPC環境でしか試せないものばかりなので、圧倒的にスマートフォンアプリ版から使うことが専らです。 で、このPocketですが後で見ようと思っても思ったより見てないことが多いです。タスクリストを作ったは良いものの、タスクリストをそもそも見る習慣がつかないのでタスクをうまく管理できないのと似ている気がしますね。これに関しては正直見る習慣をつけるしかなさそうなのですが…

Browser

Vivaldi パネル編

Vivaldiのパネルが便利なので個人的な使い方を書きます。パネルはブラウザの右や左に配置できる言わば「サイドバー」になります。 Google翻訳 Web上で翻訳したい文章がある時に使えます。個人的には自分の入力した英文が最低限合ってるのかバリデーション代わりに使うこともありますが、自信もなければ信憑性にも欠ける気も。頻繁に使う場合はInstant Translateという拡張を使うことで選択した部分のみの翻訳を行うことができます。 TweetDeck 幅を1カラム分に設定することで、見やすくなります。他のパネルの大きさも1カラム分くらいでちょうどいいので、これを基準にするのがいいかも。カラムの移動は左側のボタンが便利です。 ただ、ユーザー詳細を見るとダイアログが下の方に表示されてしまうので、あくまでも「タイムラインの閲覧」と「ツイート」程度に使用するのが無難。 Google Keep Googleのサービスばかりですが、WebのGoogle Keepはスマートフォン表示に対応してるようなので、綺麗に表示してくれます。Vivaldiは標準で「ノート」というパネルもありますが、KeepはKeepで便利。

Hardware

ThinkPad X260とUbuntu

vaioの調子があまりにも不調だったため、親に頼み込んで(!)ThinkPad X260を買ってもらいました。お前バイトはどうしたと自分でも突っ込みたいところですが、なぜかお金がないので仕方ありません…。vaioがあれなために今年の抱負が早くも破られそうですが、悪いのは私じゃなくてvaio。vaio。 ThinkPad X260ですが、カスタマイズで メモリ16GB FullHD 英語キーボード にしてあります。画面は今までが11インチでのFullHDだったし、キーボードの方もHHKBを使うようになってから日本語キーボードは触りづらくなってしまっていたので英語キーボードに迷わず選んだのですが、メモリに関しては標準の8GBにするか拡張して16GBにするか多少悩みました。「メモリどうしようかな…」とSNSにポストしたところ「メモリ≒人権」という言葉をいただき、「やっぱそうだよね!」という気持ちになり16GBを選択。自分のお金だったらもう少し考えていたかもしれません。クーポンが効いて本来20万近くするものが、11万ちょっとでした。お安い。 購入は15日の夜にしたのですが、その当時商品到着は1月31日と表記されており、2週間わくわくして待つつもりでいたのですが、

Ghost

Ghostのデスクトップアプリ

今まで全く存在に気付いていませんでしたが、ふとGhostのウェブサイトを見るとデスクトップアプリに目についたのでインストールしてみました。おそらくですが、実装はマルチプラットフォーム対応のデスクトップアプリケーションでよく見かけるElectron製で、外観はSlackによく似ており、左側のペインでブログを切り替えて書くことができます。管理画面自体はWebの画面をそのまま取ってきている気がするので、アプリを使用するほどかと言われると疑問ですが、ブログを書きたい!ってときにわざわざブラウザ開いて管理画面飛んで…の手間を考えると、このアプリを開いて即書けるのはいいように感じます。 話は変わりますが、このブログはVPSを利用してDocker上で動かしています。正確に言うとDocker上ではGhostとTwiTokenGetterを稼働させ、更にnginx-proxyでルーティングして稼働させています。このブログもいずれSSL化したいのですが、環境が環境なので自分の頭だけで解決できるのかと言われると自信はなく…。だからなんだという話ですが。 そういえばvaio proがそろそろ本気でヤバイ状態になってきました。まだなんとも言えないのですが、次のPC購入時にまた何か書こうと思います。早速抱負が崩壊しつつある…。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年は現在年賀状が2通届きました。バイト先からと、歯医者という悲しい感じですが…。 抱負 新年になるたびにブログの更新頻度をあげようという抱負を心の中で思ったりしてますが、全く更新頻度は上がりません。 Google Alloから「あけましておめでとうございます」と言われたので、サジェストのまま「新年の抱負は?」を問合せた所… 周りの人を笑顔にするというなんとも無難すぎるものを提案されました。 でも冷静に考えてみれば「自分」ではなく「周り」の人を笑顔にさせるので、微妙にハードルが高そう…? Kindle Fire 気付いたらめっちゃ大きな傷が出来ていてショック。 写真だとわかりづらいですが、わりとえぐれてます。普段家の中でしか扱ってないのにどうしてこうなった…。 去年は2015年末のこと含めるとDesire626やNexus 5X、Kindle Fireを購入していますが、626は車のドアに挟んで画面破壊しましたし、Nexus

Notice

ブログをGhostにした

7ヶ月ほど前、WordPressに移行したという記事を書きましたが、サーバーを一つにまとめたいという考えから、WordPressからGhostに移行しました。 サーバーを移動するだけならむしろWordPressに移行した方が楽なのですが、WordPressのでかすぎる感じが気に食わなかったので、ミニマルな感じのGhostに変更しました。もう一つの理由はJavaScriptが好きだからです。 テーマは標準のものに少しCSSを書き加えた程度ですが、最低限で気に入っています。申し訳程度にAdsenseを貼ってもいいかなと思いますが、こんなブログ誰も見ないなという感じはするので、貼るならAmazonの方にしようと思います。

Tools

TapetでAndroidの壁紙を自動生成

PetetというAndroidアプリがあります。このアプリはハイクオリティな壁紙を自動生成してくれます。壁紙の傾向はパターン系のものだけですが、幾何学的な模様が好きな人には気にいるのではないでしょうか。サイズは端末のサイズに合わせて生成され、また端末自身で壁紙の作成を行うのでインターネットから画像を落として…の工程を踏むこと無く、素早く表示することが出来ます。 生成にはスワイプ操作をするだけで「パターンと色の変更」「色だけの変更」「パターンだけの変更」「前に生成した壁紙」を簡単に切り替えることが出来ます。 有料オプションを購入することで、更に多くのパターンを楽しむことが出来ます。切り替えるだけで楽しい。

Diary

日記

ふと日記のようなものを書いてみようと思い、思い立ったが吉日ということで早速。ブログというよりかはダイアリーに近い感じですね。 昨日は何したかと言えば… 一応午前中に起きる 午後になったら教習所行く 帰ってぐだぐだして寝る という全くもって内容のない日を過ごしています。昨日のことを書きましたが、昨日じゃなくて一昨日やら一昨昨日もこんな日を過ごしている気がします。「起きる」と「教習所行く」の間には何をやっているんだという話にもなりますが、何かするほどしてるわけでもなく、PCでだらだらとネットサーフィン(死語)したり、スマートフォンでゲームしてたりとなんとも実のないことをしています。 そもそも教習所は全て午後に入れているので、下手に予定を入れることも出来ずこうなってしまうわけですが。教習所の予定を全て午後にしたのは簡単な理由で「起きられないから」です。一応午前中には起きているのですが、10時だったり11時だったり、9時だったりと不規則なので、この不安定な起床時間のまま予定を入れるのは良くないなと。「入れれば起きるでしょ」という方もいるのでしょうが、私はそうではないので…社会人になったらどうするんだろうと今から考えていますが、多分起きられません。

Diary

自動車教習所に通い始めた

一週間ほど前に自動車教習所へ入校し、ブログ記事を書こう書こうと思ってたら一週間経ってしまいました>< そんなわけで今更教習所に通い始めました。大体の人は大学受験が終わって暇な2月~3月に受けて大学入学時には既に免許を持っているという人が多いそうですが、当時浪人生だった私にはそんなところに入る余裕があるわけありませんでした(白目)。大学入ってからしばらくして取らなきゃ取らなきゃと考えていたわけですが、気付いたら既に3年の夏で、これより伸ばすと取るタイミングがなくなりそうなので入校を決意しました。せめて4年になるまでは卒業したいので、できれば夏休みが終わるまでに取得できてればいいな…。 入校日には訳あって3回も自宅と往復したのですが、1回目来た時はロビーにやたら高齢者が多く、「なんだここゎ。。。」となっていたのですが、どうやら高齢者講習ぽく納得。2回目来たときは各種手続きを済ませ、3回目に入校式やら適性検査などを終えて1日目が終了。 そこからお盆期間ということもあって教習所も休校、私自身も遊びに行ってたので今日1週間ぶりに行くつもりです。果たして夏休み期間中に取れるのでしょうか…?

Android

Amazon Fire 5th genのroot化とカスタムROMの導入

7月12日のPrime dayでFireをおもちゃとして4k弱で購入しました。そのままでは思ったより使いづらかったのでroot化とかなど。自己責任でお願いします。手順を公開しているサイトはいくらでもあるのですが、細かい差異があったり、アプリのバージョンが古かったりするのでそれを補う感じで。 環境 Amazon Fire タブレット 5世代目 Fire OS 5.1.4 準備 5.1.4では導入できないようなので5.1.2に下げる。ADBの導入とか細かいとこは省略。第5世代Fire(2015)を5.1.2.1から5.1.2にダウングレードする方法! – And

Games

折り返しを作るゲーム: The Weaver

The Weaverは格子状に並んだリボンのような線の交差部分をタッチして折り返し、リボンの行き先の色をあわせるゲームです。 リボンの色は最大6色あります。ステージ数は6*25の150面ありますが、それに加え各難易度(?)のランダム生成ステージがあり、それは無限にプレイすることができます(上記画像がそれです)。∞ステージは最短手順でないとクリアすることが出来ませんが、150あるステージの方では手順数によって☆0~3の評価をもらことができます。 上記画像ではゴールが全て単色ですが、ステージによってはゴールの色が複数あり、全ての線がうまくゴールに導けるようにしないといけません。 相変わらずパズルゲームが好きです。パズルゲームは解いていく達成感が楽しいのでやりがいがあります。欠点としては解き終わると全くプレイしなくなってしまうことですが。前回のTransmissionは7-13ができずに、挫折してしまっています…。

Games

Transmission

最近AndroidでTransmissionというゲームにはまっています。簡単に言えば点と点を繋いでブロックを運ぶパズルゲームでしょうか。このゲーム内ではinformationと呼ばれるブロック単位のものを、ネットワークを作ってコンピュータ同士をつなぎ、指定数のブロックを転送していくことでクリアすることができます。クリア条件には線同士を交差させてはいけないとか、特定の点に物を配置したままにするとか、指定数の線でクリアするなどいった条件がステージごとに設定されており、それを達成することでクリアできます(どのステージでも全ての点に指定数のブロックを転送することが最低クリア条件となります)。 ステージ数は70ほどあるようで、後半になるにつれ難しくなっていきます。ゲーム画面内もかなり美麗です。進むに連れて新しいギミックが登場するのでプレイして楽しい。 Transmission – Google Play の Android アプリ