konamikanから粉蜜柑へ

リニューアルした。今回は更にシンプルさを意識しつつ、できるだけ日本語を使った表現を意識するようにした。

そもそもリニューアルに至った背景としてバックエンドの移行がある。今まではScalewayと言うVPSでCMSであるGhostを動かしていたのだが、サーバーがパリにあるためSSHや開発の体験が大変悪かった。それだけでなく、画像アップロード先もs3などではなくそのVPSサーバーであったため、通信速度に難があったため、ビルド時に全てVercelに画像をダウンロードしてきていたという半ば強硬手段を取っていた(Vercel自体はビルドのキャッシュが効いていたので画像ダウンロードは1回終わればビルドとしての影響が大きいわけでもなかったけど)。

今回はバックエンドであるGhostは使い続けることにし、VPSをVultr(東京リージョン)に変更し、ストレージをfirebase storageに乗り換えた。この結果、開発の体験は格段に上昇した。

で、バックエンドの移行が上手く行ったし近々もう1投稿くらいする予定だしどうせだからということでリニューアルに至った。実際、生成しているフロント部分はNuxtを使っていたのでそれをやめたかったのと、妙に凝っていた部分のメンテナンスがやってられないので投げ捨てたいという欲求があったのもある。PRにRenovateが溜まっていくと気が滅入るのもあるからリポジトリ自体投げ捨てたかった。

フロントのJS FWはNuxtからNextに変更し、CSS FWはBulmaからsakura.cssに変更した。(もはやFWですらない)。当初はnew.cssも考えていたが、総合的な見た目がsakura.cssの方が好みだったのでそちらにした。ただ、どちらも日本語のタイポグラフィには最適化されているようには見えないのと、細かい部分で気に食わない部分はいくつかあるので、いつかこれらをインスパイアしたクラスレスCSSを作れたらなどと考えている(考えているだけ)。自分でCSSはあえて書かないまま、HTMLも併せてできるだけシンプルにするという選択肢をとった故に少しダサいかなと思いつつ、デザインの素朴さは気に入っているのでしばらくはこのスタイルでいく予定だ。

上記のデザインの都合に伴って構造についても見直し、多くの機能を取っ払った。

  • 検索フォーム
  • アイキャッチ画像
  • 投稿者ごとのページやその表示
  • タグごとのページやその表示

これらはメンテナンス性が悪かったり、ほぼ使われてないであろうものだったりしたために削除した。投稿時にメタ情報が増えるのも投稿へのわずかなストレスではあったのでなくなったことでより文章に集中することが出来る。

デザインの変更のついでにサイトの表記も日本語に寄せてみた。これに関しては完全に気分だが、嘘みたいな英語を書きたくないのと、サイトの表記を出来るだけ日本語を使って表記するとどれだけ可読性があがるかという興味本心でやった。今の所多少のダサさは感じつつも意味としての認識はしやすくなり、多少なりとも可読性は上がったんじゃないかと個人的には感じている。

リポジトリはこちら sunya9/satsuma-powder 。 当初は粉蜜柑以外の名前を変更しようとサツマパウダーなんて名称を考えてリポジトリを作成したが、全くしっくりこないのと、あまりサイトの名前を変更するのもなということで変更しすぎない程度に留めた。

ちなみに蜜柑は英語でサツマと言うらしく、パウダーはそのまま粉なので粉蜜柑という名称からは大きく外れているわけではない。


ちなみにシェアボタンは単に機能つけ忘れてるだけなのでそのうちつくはず。前回リニューアル時も忘れていた気がする。