Amazonで注文したものが発送されなかった

デリバリープロバイダによる弊害の一種でしょうか(関係ないかも知れませんが)。 9月5日の深夜に注文した商品が即日配達可能範囲だったので注文したのですが、5日の夕方になっても商品が発送されず、ついに21時半頃に発送手続きが出来ず商品が配達できないので明日にずれ込むという旨のメールを受信しました。 別に配達業界が常に人手不足なのも知っているので、即日配達をそこまでこだわっているわけではないのですが(勿論その日に届いたら嬉しいのですが)、どちらかというと商品が予定通りに届かないことの方に残念に思いました。最初から1日遅れるならそれはそれで良かったんですが…。 そして6日のお昼頃になっても発送される気配を感じなかったのでついにキャンセル。ヨドバシに同じような商品を注文しなおしました。こちらは数時間語に発送、明日届く予定です。 大したものではないのでそんな品薄でもないでしょうし、そこまで発送が遅れる物でもないよな、と思いつつも最近話題になっているだけあって疑いの目で見てしまいました。といっても1ヶ月前に注文したものは発送にも配達にも問題がなかったので、今回偶然だったのか、と無理やり自分を納得させる始末。1日と半日たったくらいでキャンセルする私も若干焦りすぎたのかな、という気もします。 数年amazonを使ってて今までこういうことが一度もなかっただけにちょっとショック。それでもamazonにはお世話になっているし好きなのでので、これが起きたくらいで「使うのやめる!」とまではいきませんが。…

E7 Nurikabe

もう既に無料範囲内では全て終わらせてしまいましたが紹介。 ぬりかべと呼ばれるパズルゲームがあります。妖怪ではないです。名称の由来にはなっているようですが。 このゲームは格子状になった画面のいくつかのマスに数字が割り振られています。数字は自身のマスを含めた数値分だけ白マスになっている必要があり、それ以外のマスを塗りつぶすルールになっています。この時厳密には 塗りつぶされたマスは全体で1つのつながったものになる 2×2以上の黒マスがあってはならない 他の数値の白マス同士がつながってはならない といったルールになります。やれば解ると思います(説明放棄)。 E7 Nurikabeは問題数も無料でも18+30+30+30と全部で108問あります。画面もシンプルで綺麗な構成となっています。起動時のみFacebookのログインが求められますが、適当にキャンセルすれば問題ありません。 序盤は丁寧にチュートリアルがついており、初めてでもやりやすい構成になっています。評価は時間評価なようで、早いほど☆3に近づきます。明確な基準は示されていない模様。1度クリアしてしまえば配置は変わらないので早く解くことで☆3は確実にもらえます。大きい問題は若干そうもいきませんが。 追加パックはざっと見た感じ22パック分あります。それぞれ問題数は全部見てないので不明ですが、基本的に30問なようです。タブレット用の問題もあるようで、そちらは200円、それ以外は1つのパックで100円のようです。私は無料パックでも数日感止まらなかったのでこの辺でやめにしておきました。 パズルゲームは解いた時の達成感があり、解ききるまではひたすら続けられますね。逆に終わりがなく、ひたすらスコアがあがるようなゲームは、目標らしい目標が設定されていないせいですぐに飽きてしまいます。…

Docker上でのGhost0.x系から1.5への不完全な更新

毎度ガバガバなイメージの更新をしています。毎回技術系のブログはunsweets.logに書こうかなあとかぼやきつつ、相変わらずしっかり書くつもりもないので、Ghostに関してはこちらに書いていこうと思います。今のところ。 さて、久々にブログを更新しようかなと思いデスクトップクライアントを起動したら、Ghostの更新がきてることに気が付きました。斜め読みして1が出たのか〜ふんふんと思ってよく見てみたら最新バージョンは1.5まで行ってました。まだ1.0.0が出てから23日ほどしか経ってないのにめちゃめちゃ早い。 例によってメジャーバージョンの変更ですので、Breaking changeと呼ばれる破壊的な変更があります。 今回のアップグレードではマウント先のパスが異なっており、うまくvolumes-fromオプションを使って移行することはできないようでした。 そもそも不完全とは ユーザーアカウントのインポートが完全ではなく、一部プロフィールデータが吹っ飛んだため。 手順 元のコンテナの設定画面から記事をExport。おそらくjsonデータがダウンロードされる docker pull ghostとかで最新版Ghostを取得する docker run時にマウントするボリュームを指定する。Docker hubにあるGhost 1.x.xのとこのコマンドのように。 $ docker run -d --name some-ghost -p 3001:2368 -v /path/to/ghost/blog:/var/…

Fire TV Stickを買った

Fire TV StickをPrime dayの時に結局買いました。あれだけ迷っていましたが、二日目になり「やっぱほしいから買っちゃえ!」と購入。そして届くのは昨日。ポチったのが遅かったせいか、元々の到着日時は8月の頭あたりだったのですが、少し早くなり、昨日届きました。 購入金額は2800円。元々Prime dayで1500円引きなので、本来は3480円のはずなのですが、追加でなぜか500円割り引かれ、2980円になりました。そこからポイントを多少適用して2800円に。おもちゃとして買うにはお得ですね! 開けると黒い箱に包まれていました。更に開封します。 2つに折りたたまれるように入っていました。見えませんが写真の上の方にリモコンとStickがあり、下の方に各種ケーブルがあります。 早速HDMIにつないで…というところで問題が発生。普段使ってるディスプレイはラップトップのサブディスプレイとして使ってるのでHDMIポートが空いておらず、もう一台置いてあるディスプレイはそもそもHDMI挿せない\(^o^)/ 完全にほしい気持ちだけでぽちってしまっていました。 とりあえず、サブディスプレイのHDMIを引き抜いてStickに差し替えセットアップ、延長ケーブルがないとうまくさせなさそうだったのでそれを利用し、電源ともつないで準備完了。簡単ですね。 後は画面に従ってWifiなどのセットアップしていくと使えるようになります。アカウントについては配送時にセットアップされているのか、既にログイン済み(もしくは簡単にすぐログインできる)仕様でした。 使い心地についてですが、Prime videoにあるアニメ鑑賞が捗りすぎてやばい感じになっています。これは時間溶ける…。PCのサブディスプレイにフルスクリーンで写せば一緒じゃんと言われればそれまでなのですが、リモコンを使って適当にぽちぽちしていくだけでアニメ鑑賞できるのはPCでやるよりもずっと楽な感じがします。リモコン自体もシンプルでわかりやすいUIなので、従来のテレビのようにボタンがたくさんあってどれを押せばどうなるのかがわからなくなるようなことはありません。…

Nextbit Robinを購入した

使用していたスマートフォンがそろそろ限界だったので、Nextbit Robinに買い換えました。元々Nexus 5Xを利用していたのですが、巷で噂されているブートループによって2月頃に死んでしまっていました。それからはその前に利用していたDesire 626をどうにかして今まで使ってきたわけですが、そろそろスペックの限界を感じ、買い替え。今更Robinを買う時点で2017年のスペックにはおいついていない気がしますが、元々そんなハイエンド指向でもないし、それなりに動けばいいし、そして何よりamazonでやたら安かったので購入しました。 (記事を書いた時点で)約18000円。安い(気がする)。 Robinが気に入ったのは、端末のデザインが可愛いというのもあり、スペックより端末のデザイン重視の私としてはRobinを知った時からかなり気になっていました。 そしてこのRobinちゃん、スペック的にもサイズ的にもNexus 5Xと色々近いようで、細かな差異はありますが操作をしているとまるでN5Xを触っているような感覚に陥らなくもなく…。OSは多少カスタマイズされていますが、クラウドストレージとの連携部分以外はほぼ素のAndroidであり、システムのUIも色を変更しただけのような見た目になっているので、素のAndroidが好きな私としても嬉しい点でした。Androidのバージョンは最新だと7.1.1と、パッチバージョンレベルでの差はありますが、ほぼ最新のAndroidと言えそうです。 色々な点で気に入ってるRobinですが、7月15日に注文し、7月17日に届きました。そして届くまでの間、Robinのサポートが今月で終了するというニュースを見つけた私。 「なるほどな」 まあそもそもサポートはそんなに期待してなかったり(今までデバイス色々壊してきましたが、自分の中で一番サポートのイメージが良かったのはIBM)、Nextbit自体買収されたり、後継機種がなかったりで、その辺は全く期待してはなかったのでいいっちゃいいのですが、こうタイミングよくそういうニュースが流れるとなんとも言えない気持ちになりますね。海外のニュースサイトでは15日以前にサポートが終了するという記事があったので、私のリサーチ不足ですが。 そしてこの記事も色々調べながら書いてるわけですが、…

Amazon PrimeDay 2017

今年も始まりましたPrimeDay。7月10日の18時から開催されています。 去年はこのPrimeDayでFireをroot化したりなんなりして遊んでました。今でも一応おもちゃとして生きています。カスタムROMに入れ替えた辺りでスペック的にはかなり厳しく、細かなチューニングが必要でしたが、最低限は動く仕様になっています。Slack, Twitter, Inbox, Chromeや画像ビューワなど閲覧目的なら問題なく動き、ベッドの側に置いておくと寝る前のお供になります。 話がそれました。今年のPrimeDayですが、現時点では特にこれといって欲しいものがまだ見つかっていません。安売りを謳われるとなんとなく、欲しい気持ちになりますが。 強いて言えばFire TV Stickが気になっています。部屋にテレビはありませんが、なんとなく生活がリッチになりそうという、完全なる妄想の上で欲しくなっています。最近は買えば使うだろうという謎の理論で買った結果ほとんど使わず終いという経験をしているので、余計に手を出しづらいですね。 気になる…。…

運転免許

前回の記事で教習所を卒業した旨を文末でちょろっと書きましたが、教習所を卒業しただけで試験場での学科試験をしていなかったので今週の月曜日に行ってきました。 受付は8時半から9時と大変短い時間で、大学の1限のために起床する時刻ど同じくらいの時間に起きました。 いつものノリで電車に乗っていたので危うく二俣川で降りそこねて乗り過ごしかねませんでしたがぎりぎりで降車。Googleマップで道を調べて進んでいきましたが、二俣川駅を出てすぐ同じく試験場に向かうような人々がちらほらいるのに気付き、適当について行ったらつきました。近くに短期大学があるらしく、間違えて50mほど通りすぎてしまいましたが…。他の方々は20代の方が多いようにも感じましたが、学生の年齢と比べると若干幅広い年齢層が多いように思いました。そのような方々が住宅街の中を集団登校の状態になりながら一斉に試験場に向かう光景はなかなかシュール。 技能コースは自分の通ってた自動車教習所よりも広く綺麗でしたが、建物はかなり古いように感じました。 試験場につき、学科を受けるための手続きをしなければならないのですが、あんまり丁寧な施設ではないようで、案内も少なく、基本的に口頭で次はどこへ行かなければならないかを説明されるため、一人ではかなりやりづらい場所に感じました。 なんとか手続きを終え、学科試験へ。ここでは色でどこへいけばいいのかが示されていたためわかりやすかったです。というか施設全体の案内の冊子とかあっても良さそうな気がしますが…。常時ここであってるのかなあという不安のまま試験を終え、発表まで「ここで待っていればいいんだよね…?」という気持ちのままうろうろしてました。完全に不審者。 無事学科の方は受かり、各種書類の確認と写真撮影のフェーズへ。名前が呼ばれ、書類の内容の確認が出来次第、写真撮影という流れです。前々からさんざん「書類の右下で学科の点数がわかる」みたいなことを言われていたのに、序盤で呼ばれたせいか、学科の点数を見忘れてしまい、そのまま写真撮影へ。写真撮影のタイミングで書類を返すので学科何点かわからなくなってしまった…。これが終えたら交付まで自由時間なのですが、相変わらず「あれもういいんだよね?」みたいな気持ちで挙動不審になっていました。完全に不審者。 交付までには時間がかかるらしく、大分暇に(確か12時頃に終わり、…

柿田川

柿田川に行ってきました。静岡県にある、日本で一番短い一級河川だそうです。 写真は第二展望台から眺められるわき間と呼ばれるものです。青すぎてディスプレイ上で見ると加工したんじゃないかと疑ってしまいますが、実際に目で見てもちゃんと青いというより蒼いです。 こんな公園が身近にある地元の人が羨ましいですねー。国道1号線沿いにありますが、公園内は静かで湧き出る水にボコボコと巻き上げられる砂を見てるだけで楽しい。 ところで去年の8月から通ってた自動車学校をやっと卒業しました。教習期限1週間前とかなりギリギリを攻めてしまったものの無事終えることができました。4月の研究室生活なんてほぼなかったようなものになりましたが。…