Pixel3の死

ハードウェアも3年サポートして…。

2020/09/27 04:03:41

北海道旅行中にシメパフェ食べてたら俄然死んだ。前触れらしい前触れはほとんどなく、直前になぜか操作した覚えのない電源メニューが表示されて、勝手に再起動したと思ったら再起動から帰ってこなくなってしまった。正確にいうとブートループというやつでGoogleのロゴが表示された後にすぐ落ちて起動…の繰り返しになる。巷のサポート掲示板にはセーフモードで起動してみてというのもあったが、音量下げるボタン長押しでブートメニュー出したところで、なぜかOKボタンになる電源ボタンは効かず、カーソルキーであるはずの音量ボタンを押した瞬間落ちてしまうので実質詰んでいる。PCに繋いであれこれするのは試してないのでもしかしたら治るかも知れないが、そこまでの気力は今の所なし。
ブートループ、Nexus5Xも同じような目にあったためちょっとトラウマになりつつある(稀に起動できるところも一緒)。個人的にGoogle公式端末の印象がだいぶ悪い。といっても素のAndroidは好きだし他に買うあてもないため近々出るであろうPixel5を買うとしてるが…。次は三度目の正直ということでどうにかなってほしい。

原因なんなんだろう。Nexus5Xは基盤的に問題があったのでオーブンレンジで焼くとちょっと使えるようになるという荒業があったが、Pixel3も一緒だったりするのだろうか。ちょっと検索したところ、Pixel3で同じような目にあってる人がいて、その人は基盤ではなく画面系の不具合だったそうだ。画面はさすがに焼くわけにはいかないしなあ…(そもそも分解する手段がないが)。

去年の2月頃に買ったので使った期間としては1年半ちょいだった。OSアップデート保証は3年らしいが(ハードウェア的保証は1年)、その前に端末が物理的に死ぬのは痛すぎる。というかスマートフォンでブートループで死んでるの今の所Google謹製のものなのでマジで印象が良くない。おかしいでしょ…。そんなに激しい使い方をした覚えもないのでマジで謎。


北海道旅行自体は良かった。スマフォが壊れたことさえ除けば。

旅行、記事にしてもいいかなーって思ったけどさすがに小並感連続しそうなので良さそうな写真を数点アップロードすることに留めておく。カバー写真は本当はパフェにしたかったけど、Google photosへのバックアップ前に死んでしまったので代わりに羊ケ丘で撮った向日葵。Instagramにはかろうじてパフェをアップロードしていたのでここにおいとくね。

View this post on Instagram

#パフェには終わりが来る

A post shared by えくす (@_x_y_z_) on