引っ越しをした

都内に引っ越した。ぎりぎり北区。それまではずっと生まれも育ちも神奈川県横浜市。横浜自体は良い土地だと思うけど、自宅の位置があまり良くなく、駅から遠いこともあって自転車が手放せなかった。自転車を使って最寄り駅に行く、というだけならまだ良いかもしれないけど、距離が若干長かったり坂道が多いなどで、高校生の時から帰り道にうんざりしていた。

高校生のとき、大学は国立大学を受験して親の負担を減らしつつ、一人暮らしをしたいと考えていた。このときから実家の様々な環境にうんざりしていたと思う。とは言っても受験は失敗したし、浪人までしてしまって、横浜にある某塾に通うことになったので、実家から最寄り駅への自転車生活は終わらなかった。浪人時代も一人暮らしへの憧れはあったので国立大学は受けた。落ちたけど。

大学は神奈川県内の、厚木にある大学になった。同じ県内のくせして自宅から通学でも2時間はかかる。厚木は思ったよりも遠い。さすがの自分でも、浪人までしてお世辞にも頭のいい大学とは言えない私立大学に入学し、なおお金を出せとまでは強く言えなかった。学生時代も結局は一人暮らしできなかった。

そして社会人になった今年4月。1月の大学院の辞退からの就職先の決定などばたばたとしており、2月頃の4月からの引っ越しは部屋探し的にも厳しく、また実際に引っ越しをしようとするならば金銭的にも問題があったので親を頼るしかなかった。一度は4月末あたりにも部屋を探してみたりしたけど、上記の問題だったり契約関係が面倒臭くなってやめた。

一度は引っ越しは一旦いいか…と思ったものの、7月の暑さの中、毎日汗だくになりながら帰る勤務先と家の片道1時間半ほどでさすがに堪えられなくなってきたので、今度こそ引っ越しをしようと思い、決意がぶれないうちに部屋を探して即決めた。即入居可物件だったので契約から入居までは2週間くらい。金銭的な問題は社会人パワーで解決した。無欲が幸いして3ヶ月ほどの給料で引っ越しに十分の資金が集まった。実家での貯金は強い。

というわけで今日で入居日からちょうど2週間。引っ越しまであまり家具などを見る余裕もなかったので引っ越した当初こそ殺風景だったけど、通販でひたすらポチったりすることでだんだん物が揃ってきた。段ボールをいくらたたんでも無限にたまる。

一人暮らしかつ社会人なので、当然手続き・契約関係は自己責任だし、全て自分でやらなきゃいけないのは正直面倒だけど、それでも実家にはかえられない快適さを手に入れることが出来たと思う。


自分は「こうなりたい」「こうしたい」と思った事柄について、超積極的に行動することは少ないけど、その方向になるように舵を切るくらいはしていると思う。それでも、もう少し早く実現できるようになればいいのだけれど。

物件自体は2年毎の更新。2年後はどういう生活をしてるかな。

Show Comments