/ Diary

運転免許

前回の記事で教習所を卒業した旨を文末でちょろっと書きましたが、教習所を卒業しただけで試験場での学科試験をしていなかったので今週の月曜日に行ってきました。

受付は8時半から9時と大変短い時間で、大学の1限のために起床する時刻ど同じくらいの時間に起きました。

いつものノリで電車に乗っていたので危うく二俣川で降りそこねて乗り過ごしかねませんでしたがぎりぎりで降車。Googleマップで道を調べて進んでいきましたが、二俣川駅を出てすぐ同じく試験場に向かうような人々がちらほらいるのに気付き、適当について行ったらつきました。近くに短期大学があるらしく、間違えて50mほど通りすぎてしまいましたが…。他の方々は20代の方が多いようにも感じましたが、学生の年齢と比べると若干幅広い年齢層が多いように思いました。そのような方々が住宅街の中を集団登校の状態になりながら一斉に試験場に向かう光景はなかなかシュール。

技能コースは自分の通ってた自動車教習所よりも広く綺麗でしたが、建物はかなり古いように感じました。
試験場につき、学科を受けるための手続きをしなければならないのですが、あんまり丁寧な施設ではないようで、案内も少なく、基本的に口頭で次はどこへ行かなければならないかを説明されるため、一人ではかなりやりづらい場所に感じました。

なんとか手続きを終え、学科試験へ。ここでは色でどこへいけばいいのかが示されていたためわかりやすかったです。というか施設全体の案内の冊子とかあっても良さそうな気がしますが…。常時ここであってるのかなあという不安のまま試験を終え、発表まで「ここで待っていればいいんだよね…?」という気持ちのままうろうろしてました。完全に不審者。

無事学科の方は受かり、各種書類の確認と写真撮影のフェーズへ。名前が呼ばれ、書類の内容の確認が出来次第、写真撮影という流れです。前々からさんざん「書類の右下で学科の点数がわかる」みたいなことを言われていたのに、序盤で呼ばれたせいか、学科の点数を見忘れてしまい、そのまま写真撮影へ。写真撮影のタイミングで書類を返すので学科何点かわからなくなってしまった…。これが終えたら交付まで自由時間なのですが、相変わらず「あれもういいんだよね?」みたいな気持ちで挙動不審になっていました。完全に不審者。

交付までには時間がかかるらしく、大分暇に(確か12時頃に終わり、13時半交付開始でした)。
施設内にコンビニで適当に昼食を調達してすませました。それでも時間は大分余ったので、適当に外のベンチでスマフォをぽちぽち。

時間が近づき、交付場所で適当につったって待っていましたが、また「あれっ直接ここ集合でいいんだよね…?」みたいな不安のまま待機。その後無事交付は開始され、無事運転免許を入手することができました。普通ATです。

基本的に終始挙動不審オタクで不審者状態でした。ああいうところにはあんまり一人で行きたくないですね…。自分の物覚えが悪いのもあって序盤で総合案内で聞くなど。

少し気になって調べましたが、クチコミの評価はそこまで間違いないなといった感想。職員の態度が悪いとまでは感じませんでしたが、少なくとも「良い」とは思えませんでした(全員が全員ではないのですが)。口コミにもあるように、「お役所だし警察だから仕方ない」ような場所。


受付のような場所に行くといつも「郵便局の受付の丁寧さ」を思い出します。過去に郵便局の受付が丁寧という印象を抱いた経験があっただけですが。

シューニャ

シューニャ

こんなしょーもないブログにghost使っちゃう人。またの名をえくすと言います。

Read More